PULPIT ROCKの景色

PULPIT ROCKたぶんガイドブックにも載ってない夕陽を見る最高のポイントかもしれません。

日没までにはまだ1時間ほどあるような時間帯にPulpit Rockに到着しました。
この一帯は、火事で焼かれてしまったそうですが、ユーカリは強い!
この写真はユーカリの木です。木の表面は真っ黒焦げになっているのに中では生きている!そして、真っ黒焦げの幹から新しい枝が伸びているのです。
ユーカリの精油はこんな不死身の強さも持っているんだと改めて感心しました。

パンクシアと言う植物も何種類か目にしました。
こちらは、山火事に見舞われて、はじめて子孫を増やせるまさに逆境に強い植物。
硬い殻の中に種子が入っています。火事にあってやっとその殻を破って成長しはじめるのです。・・・進化ってすごいんだな・・・と感心することばかりでした。

こんな植物の生い茂る山道を少し下って、360度山に囲まれているような張り出した岩の上にある展望台に到着しました。
相変わらずの快晴。湿度も 低く見晴らしも最高です。澄んだ空気とユーカリから放出されるオイル成分に太陽光が反射してブルーに見える世界の中にいます。
この日が沈む時刻は海にいても山にいても刻々とあたりの色が変化する「生きてる!」 を実感する時間帯で、朝日が昇ってくるときと同様にアドレナリンがいっぱい出てくるのを感じます。空の色、山の色の変化が写真を通してわかってもらえるとうれしいのですが・・・是非、皆さんにもこんな景色を実際に体験していただきたいですね。

<p>a)</p>

s-RIMG3282

a)

<p>b)バンクシア</p>

s-RIMG3284

b)バンクシア

<p>c)火事で焼けたユーカリの木そこにも新しい枝が出てきています。</p>

s-RIMG3285

c)火事で焼けたユーカリの木そこにも新しい枝が出てきています。

<p>d)</p>

s-RIMG3286

d)

<p>e)バンクシア</p>

s-RIMG3287

e)バンクシア

<p>f)</p>

s-RIMG3288

f)

<p>g)</p>

s-RIMG3290

g)

<p>h)</p>

s-RIMG3291

h)

<p>i)こんな場所にあるんです!</p>

s-RIMG3296

i)こんな場所にあるんです!

<p>j)</p>

s-RIMG3302

j)

<p>k)</p>

s-RIMG3303

k)

<p>l)</p>

s-RIMG3304

l)

<p>m)</p>

s-RIMG3306

m)

<p>n)</p>

s-RIMG3307

n)

<p>o)</p>

s-RIMG3309

o)