Nike free run2でjogging&walking

ランニングコーチのアルベルト・サラザール氏がnike free run+2をランニング選手の筋力強化に欠かせないシューズだと言って、選手には週2,3回このシューズで3~5kmのランニング練習をさせていると語っている。私はランニング選手ではないけれどハダシ感覚で走れるシューズで足底筋を鍛えるのもいいかもしれないと思って、最近ではこのシューズでは、週に2,3回10キロ程度のランニングをしている。
free run+2を購入したときにもスポーツショップ店員さんに長くても1時間までのランニングにしてくださいね!足底筋を痛めるから・・・と言われていた。
なんにでも、「最適」とされる範囲があって、それよりも多くても少なくても良い成果につながらない。
好きなことや好きなものにのめりこんでいると、ついつい適度を超えてしまいがちになる。そして、スポーツやダンスの場合その先で待っているのが「故障」と言うなんとも残念な結果なのです。 過去にも何度もこんな痛い目にあってきました。年齢を重ねるほどに回復までに長時間かかるようになってきて・・・少し違和感を感じたら休むようにしないと、3,4ヶ月を棒に振ることになる。

・・・と、そんな経験から今の私のランニングはjog photo・・・景色を眺め、写真を撮りながら 走っています。
今日の写真は私の感じた初秋の兆しです。目に見えるような、冬支度に入ろうとする秋の景色ではないもののそれでいて、木の香りとか、くもの巣の様子とか、控えめにつけた木の実や色を変えようとしてる葉っぱ。気持ちが動くのを感じます!
今朝のランがすごく気持ちよかったので、いつもなら車で出かけてしまう買物にfree run+2を履いて歩いて出かけました。歩くペースはキロ10~11分。7.5キロほどの距離でしたが走るよりフクラハギに疲れを感じました。ランとウォーキング、使う筋肉が違うのでしょうね。

s-RIMG1098

s-RIMG1097

s-RIMG1094

s-RIMG1093

s-RIMG1092

s-RIMG1096

s-RIMG1095

s-RIMG1091

s-RIMG1089

 

この記事を書いた人

haomei

夫婦の時間が多くなってきたオーバー60の私達。私たちスタイルの暮らし方を綴っています。退職後の二人での生活。趣味や旅行のお話。老後の過ごし方を考えたり、子供たち家族との楽しいひと時のことなど。