ネトルチンキの完成です!

2月19日に仕込んだネトルのチンキ剤、そろそろ有効成分がウォッカの中に溶けだしているはずです。
今日はそのチンキ剤を 濾して遮光ボトルに詰めました。

ひと雨毎に春めいた日差しが降り注いできます。
この春という季節は、花粉症の人にはたいへん辛い時期だと聞いております。(私は幸いにも花粉症症状未経験者)
このネトルチンキは花粉症で苦しんでいらっしゃる方や春先の皮膚のトラブルでお困りの方のお役にたてるかもしれません・・・・そんなハーブ。それがネトルです。
今年の花粉症対策にはこの時期から飲み始めても遅いですが、こんなハーブがあることも知っておくと来季は快適になるかもしれません。 秋から飲み始めるといいですよ!

ネトルは浄化のハーブとして体質改善にも使われているんですよ!
アトピー、喘息、花粉症などのアレルギー疾患や体質改善にこのハーブの持つエネルギーが用いられています。

私はネトルの葉が持つ含有成分:フラボノイド・クロロフィル・ビタミン・ミネラルで血液をきれいにして体内にたまった老廃物を除去できるんじゃないかなぁと思って、ハーブティーとして飲んでますが、ティンクチャーにしておくと手軽に飲み物に滴下して飲めちゃうので便利です。飲み物の味はほとんど変わりません。
さてチンキって なんでしょう?
ティンクチャーともよばれていて、ドライハーブまだはフレッシュハーブをアルコールに漬け込んでその成分を取り出した抽出液のことです。
チンキはハーブティーやお水で割って飲用することができます。

私はネトルの香りは青汁に似てると思ってます。青臭さが苦手な人はチンキを作って飲み物に少量加えてみるとよいかもしれません。

<p>d)消毒したビニール手袋をはめた手でガーゼを絞る</p>

s-RIMG2566

d)消毒したビニール手袋をはめた手でガーゼを絞る

<p>c)ビーカーにがーずをかぶせその中にウォッカにつけられたネトルをあける</p>

s-RIMG2565

c)ビーカーにがーずをかぶせその中にウォッカにつけられたネトルをあける

s-RIMG2567

<p>b)抽出するための道具<br />
ビーカー、ガーゼ、ビニール手袋、ロート、スポイト付き遮光瓶</p>

s-RIMG2564

b)抽出するための道具
ビーカー、ガーゼ、ビニール手袋、ロート、スポイト付き遮光瓶

<p>f)スポイトでとりだし・・・</p>

s-RIMG2568

f)スポイトでとりだし・・・

<p>g)ハーブティー(カモミール、ローズ、ネトルのブレンド</p>

s-RIMG2569

g)ハーブティー(カモミール、ローズ、ネトルのブレンド

<p>h)ハーブティーに落とします。<br />
アルコール度数が強いので、くれぐれも入れすぎにはご注意してください。</p>

s-RIMG2570

h)ハーブティーに落とします。
アルコール度数が強いので、くれぐれも入れすぎにはご注意してください。

<p>a)乾燥したネトルを2週間ウォッカに漬け込んで有効成分を抽出します。</p>

s-RIMG2563

a)乾燥したネトルを2週間ウォッカに漬け込んで有効成分を抽出します。