世界最強のフライト検索スカイスキャナーで航空券をさがす

このサイトの左下に設置しているのが、世界最強のフライト検索エンジン「スカイスキャナー」のサーチボックスです。「スカイスキャナー」の右どなりに設置してある「世界のホテル予約Webサイト比較」サーチボックスは、世界最強のホテル検索エンジン「HotelsCombned」を使っています。これらのサーチエンジンサイトは、サーチサイト自身から直接ブッキングできるわけではなく、リンクされている予約サイトから予約入力をする仕組みになっています。サーチエンジンサイトは検索機能の優秀さを売り物にして、ビジネスモデルを組み立てているWebサイトですので、使い勝手が良いのもうなずけますね。

私たちがスカイスキャナーを使う5つの理由

  • 海外発着便の検索も自由自在
    バンコクまで飛んで、プーケットやサムイなどのタイ国内旅行をしたいと時や、ホノルルからビッグアイランドヘの足を考えるときなどに便利です。
  • AirAsiaも含めて、世界の航空会社の料金比較ができる
    世界の航空会社を一覧でみることが出来、期間限定プロモーションなども反映された料金比較は便利です
  • 料金表示が、税金・燃油サーチャージなど込みの円表示(もちろん変更可能)なのでわかりやすい
    サイトによって料金表示の取り扱いが違いますので自分で電卓片手で調べるにはめんどうですね、注意点としては、旅行エージェントなどがリンク先になっている場合(予約ボタンの上にエージェント名が表示されています)、手数料込みのエージェントの販売金額(これも明朗会計です)の金額が表示されていますので、ご注意ください。おおよその料金を調べて、直接エアラインのサイトでブックするのが良さそうですね。
  • 一年先などの料金などが表示されており、旅のプランを立てるに便利
    月ごとのおおよその料金を表示してくれますので、期間によってどの程度の料金差があるのかも概算でわかります。出発から到着までの必要な時間なども当然表示されていて、使う側の視点でのシステムになっています。
  • サイトが日本語対応(もちろん変更可能)で日本人にもやさしい(要改善ポイント多々アリですが)
    サイトを作ったときから多言語対応で開発をすすめたそうです、今年シンガポールに拠点を開設して、今後アジアに力を入れていくようですので、良い検索エンジンになっていくと思います。

使いかたを見てみましょう

  • 出発地の入力
    デフォルトは日本にしてありますので、このままでは日本のすべての空港が表示されます。「東京」に変更してみましょう、この検索には「成田」「羽田」が含まれることになります。
  • 目的地の入力
    同様に、調べたい空港を入れます、今回はバンコクと入力してみましょう
  • 出発、お帰りの便
    1年間と表示されていますので、一年先までの料金が表示されます。もちろん「日付」指定することもできます
  • 人数
    12歳以上、12歳未満、2歳未満の人数を入れて 「検索」ボタンを押してください。

別ウィンドウで検索結果が開きましたね。

検索結果ウインドウの説明
往路と復路の、過去10日間にユーザーが検索した最安値価格が、月別に1年間表示されています、?は検索したユーザーがいないということのようです、日本では「スカイスキャナー」がまだ、あまり知られていないからかもしれません。
ご希望の月を選んで「次」を押すと、同様に日別の料金が並び、御希望の日程を入力するとフライトの一覧の料金が燃油サーチャージ・手数料込みで日本円表示されます。
それにしても、航空料金って、日程や航空会社さんによってずいぶん違うものなんですね。これから、日本の航空会社やエージェントさんもこの枠組みの中に入って来てますます便利になっていくようにな気がします。