3月10日 夫 口内炎でバンコクホスピタルへ!笑

パトンのローカルレストランを食べ歩く計画で7日8日と順調に2軒のレストランに行き、食べ歩きをスタートさせました。
が、しかし、「口の中が痛いんだよね。」と言っていた夫が、9日になったら「痛くて何も食べられない!」と滑舌も悪く、聞き取りにくい小さな声で言います。

つばを飲み込むのも苦痛なんだそうだ。
痛い場所は、喉なのか、舌の奥の裏側のほうなのかもわからないという。
口も大きく開けることはできないみたい。
私が覗いた限り、どこに原因があるかがわからない。

夫は、固形物を食べることが無理だというので、
朝食ブッフェでは、水とフレッシュジュースとスープにお粥。
これらを少しずつ慎重に食べている。

ジャンセイロンで、フレッシュなニンジンジュースを買い、コンビニでヤクルトを買い、昼食と夕食にこれらを食べる?飲む?
病院に行くことを勧めたが、この日は「大丈夫」と言って病院へは行かなかった。

翌日、土曜日。
痛みが増しているようで、「バンコクホスピタルに行く」と言い出す。

土曜日で病院って何時まで??
バンコクホスピタルに電話をすると、
「物が食べられないは困りましたね。診療しているのですぐに来てください」とのことです。
病院への持ち物は、パスポートと現金かクレジットカード。

ホテルの隣にあるローカルタクシーのステーションからタクシーでバンコクホスピタルへ。
パトンからバンコクホスピタルまでは、片道600バーツ、往復お願いすると1100バーツ。
待ち時間は1時間まで。もっと長くかかる場合は1時間100バーツずつ加算される。
とりあえず、病院から帰れないからとこまるので往復でお願いをする。

バンコクホスピタルに到着すると、
入り口には、ホテルのベルボーイのような人がいて、タクシーのドアを開けると、車いすが必要かどうかを聞かれた。
夫の場合は、車いすは必要ないです。笑

受付で症状を伝え、手続きをする。
口の中の場合、日本の耳鼻咽喉科にあたる科で診察してもらうことになった。

到着したのは12時前。
医師の診察は13:30~と、言われた。

病院にはタクシー乗り場もあり手配してくれるとわかったので、
待機してもらっている運転手さんには診察に時間がかかるのでと、片道の料金を支払い、帰ってもらう。

まだ、診察時間まで1時間以上ある。。。

昼食を済ませてなかったので、バンコクホスピタルの食堂へ。
固形物を食べられない夫はアイスクリームを、私はチキンヌードルを食べる。

<p>a)</p>

s-IMG_20180310_142654

a)

<p>b)</p>

s-IMG_20180310_142647

b)

<p>c)フリーの飲み物、このほか待合室にはお水も用意されています。</p>

s-IMG_20180310_142258

c)フリーの飲み物、このほか待合室にはお水も用意されています。

<p>d)食堂です。広くて自由な場所。病院スタッフもこちらで食事しています。</p>

s-IMG_20180310_130644

d)食堂です。広くて自由な場所。病院スタッフもこちらで食事しています。

<p>e)患者は腕にこのタグをつけられます。</p>

s-IMG_20180310_124023

e)患者は腕にこのタグをつけられます。

<p>f)chickenヌードル!確か45バーツだった。</p>

s-IMG_20180310_124020

f)chickenヌードル!確か45バーツだった。

<p>g)口腔内のトラブルはこの科で診察</p>

s-IMG_20180310_131309

g)口腔内のトラブルはこの科で診察

<p>h)待合室もきれい!</p>

s-IMG_20180310_133654

h)待合室もきれい!

<p>i)診察室入り口</p>

s-IMG_20180310_140444

i)診察室入り口

<p>j)会計の窓口付近には化粧品のショップも!!</p>

s-IMG_20180310_140621

j)会計の窓口付近には化粧品のショップも!!

<p>k)会計の窓口。会計が済むとお薬の窓口からもお呼びがかかり、お薬を頂きます。</p>

s-IMG_20180310_140720

k)会計の窓口。会計が済むとお薬の窓口からもお呼びがかかり、お薬を頂きます。

<p>l)傷口につけるお薬です。<br />
ハーブエキスがいっぱいのスプレータイプ</p>

s-IMG_20180310_150919

l)傷口につけるお薬です。
ハーブエキスがいっぱいのスプレータイプ

<p>m)タクシー乗り場</p>

s-IMG_20180310_142829

m)タクシー乗り場

<p>n)料金表</p>

s-IMG_20180310_142850

n)料金表

<p>o)</p>

s-IMG_20180310_142924

o)

指示された科の待合室で待つとほぼ正確な時間から診察が始まり、医師に診察してもらえました。
綺麗な若い女性医師です!

診察結果は
「舌の頬側部に傷がある。理由はわからない。」とのことです。
・・ステロイドの飲み薬が3日分と消毒用のスプレー薬が処方されました。

自分では薬がつけられない!というので、私がお薬噴霧係。
大きく口を開けさせて、覗いてみると舌の頬側部に大きな口内炎が~!
これは、痛いわ。
でも、物が呑み込めないほどかな?とも思う。笑

診断結果を知って、夫は落ち着いてきた感じです。

それにしても、このスプレー!
アロマテラピーのインストラクターをしてる私にとってはとても興味ある1品です。
パッケージのカモミール・ローマンがかかれたイラストを見た途端、成分が知りたくなりました。笑

☆☆ここから後は、アロマに興味のある方だけが面白いかもしれません。・・・・

成分表によると

・Chamomile essential oil
・Peppermint oil
・Sage oil
・Anise oil
・Pine needle oil
・Bergarmot oil
・Eucalyptol
・Methyl salicylate

ね~、日本にもこんなお薬があればいいのに!