朝からヨガに行ったら、今日初めてお会いするインストラクターさんのクラスだった。
どうも、いつも初めて会うインストラクターさんのクラスは、どんな様子なのか気になって構えてしまう。

今日は、座学も入ったクラスになった!
私のやっているヨガはアシュタンガヨガという名前がついているもので、
呼吸にのって決まった順番でアサナ(ポーズ)を続けて行う。

同じ動きでも、インストラクターさんによって、完成系のポーズに向けてのアプローチは全くと言っていいほど違う。
今日の先生は、「出来ないこととか、わからないことは何でも聞いてね」と言ってくれているので、
クラスの途中でも、質問ができ、ちょっとしたコツを教えてもらったり、アテンドしてもらって身体の使い方を再確認したりできた。

私の身体のクセ・・・普段の姿勢や動作、立ち方、座り方、ハンドバッグを右肩にかける・・・から生じる体のゆがみ。
1つのアサナをした時に傾いてしまったり、苦しかったり、するのはこのゆがみが原因のこともある。
それを改善するための方法が、それぞれのインストラクターさん解釈によるアプローチ法なのだ。

人それぞれ持っている身体が違うから、数学のような明確な解答はない。
私の場合、どの先生からも「改善すべき身体の箇所は、同じところが指摘される。」
本当に、自分でも「ここ」を何とかしたいんだよね!
と思っているところなのだ。

今日の先生も、今までとは、別のアプローチで、改善策になるであろう方法を教えてくれた。

ヨガの良いところは、
絶対に強制しない所だ!
そして、
自分の身体が気持ちよく居られること。幸せを感じられること。

クラスが終わると、頭の中はスッキリ。
そして、眼光が輝きだすこと(いろいろな先生に目が光っていると言われる)
心が落ち着いてパワーがみなぎっているのを感じる。