沖縄で美味しいお料理見つかりました譚亭

s-RIMG0798沖縄最終日、名護から那覇へ移動して那覇市内で食事にします。
予約したお店は首里赤平にある八重山料理のお店潭亭(たんてい)さん。
虎頭山というちょっと険しい坂道を上がったところにあります。
普通のお家風なお店で、玄関で靴を脱ぎ、見晴らしの良い板張りの広いリビングがお店になっているという感じです。
低音の素敵な声のご主人がお料理を運んでくださいます。
予約したのは「八重山会席」
八重山会席は琉球王朝料理の菜飯を八重山流にアレンジしたものだそうです。
その名も彩飯。
まず、赤い塗りのお盆に前菜が運ばれてきました。どれもおいしかったですが、私は紅麹で発酵させたという豆腐ようと自家製の米味噌、それと何も加えてない味のゴーヤゼリーがとても印象深く残っています。
私の食前酒はグァバ酒でした。沖縄だけあって、泡盛で漬けたグァバ酒です。まろやかで美味しかった。
夫のはヤマモモ酒グァバと比べるとさっぱり系!、こちらも美味です。
暖かい炊き合わせはかつおだしが効いた上品な味。お出汁の旨みが美味しいです。
ピーナッツ豆腐の揚げ出しは中がフワフワとろけます。
数々のお漬物島ラッキョウ・パパイヤ・花甘草など、すべて漬け方が違うというこだわり。
豚肉の上に黒ゴマペーストを乗せて蒸したというお料理は、さっぱり、あっさりで塩も砂糖も加えないゴマの味だけで十分美味しく食べられます。
こんな食べ方は初めてでした。家でも作ってみたい一品です。
田芋というたんぼで作られる芋のアレンジ料理も身体に優しいお味。
椀物はピーナッツ味噌汁!具には野草のハンダマが入っているんです。ピーナッツの味というより私には豆乳に近い味に感じました。
苦菜など野草をくわえた白和えは木綿豆腐であえた一品。
そして、いよいよ彩飯登場。
彩よくたくさんの野菜やささみがご飯の上に乗っていて出汁がかかってるさらっと食べられるご飯です。お好みで島唐辛子を加えてもまた格別。
〆のデザートはフルーツと青豆のぜんさい。

東京だと、ストロベリーミルクとか宇治金時ミルクなど、こってり甘い絡みでたべることが多くないですか?
沖縄の地では氷はさっぱりとさらっとしたぜんざいで食べることが多いようです。それも小豆ではないお豆で!!
日差しがきついからさっぱり系が好まれるのでしょうね。

沖縄に来て今日やっと「おいし~」と叫びたくなるお料理を見つけました。

<p>0)菜飯です</p>

s-RIMG0806

0)菜飯です

<p>a)虎頭山方面の坂道を上ってやっと見つけた譚亭</p>

s-RIMG0792

a)虎頭山方面の坂道を上ってやっと見つけた譚亭

<p>b)階段を降りたところが入口です</p>

s-RIMG0793

b)階段を降りたところが入口です

<p>c)</p>

s-RIMG0794

c)

<p>d)普通のお宅の玄関</p>

s-RIMG0795

d)普通のお宅の玄関

<p>e)やっぱり普通</p>

s-RIMG0796

e)やっぱり普通

<p>f)リビングですね</p>

s-RIMG0797

f)リビングですね

<p>g)八重山会席前菜です。</p>

s-RIMG0798

g)八重山会席前菜です。

<p>h)温かい炊き合わせ</p>

s-RIMG0799

h)温かい炊き合わせ

<p>i)ピーナッツ豆腐</p>

s-RIMG0800

i)ピーナッツ豆腐

<p>j)漬物いろいろ</p>

s-RIMG0801

j)漬物いろいろ

<p>k)左端にあるのが豚肉の上に黒ゴマペーストをのせて蒸したお料理です</p>

s-RIMG0802

k)左端にあるのが豚肉の上に黒ゴマペーストをのせて蒸したお料理です

<p>l)田芋のあえ物</p>

s-RIMG0803

l)田芋のあえ物

<p>m)ピーナッツ味噌のお味噌汁</p>

s-RIMG0804

m)ピーナッツ味噌のお味噌汁

<p>n)苦菜など野草の白和え</p>

s-RIMG0805

n)苦菜など野草の白和え

<p>p)デザートの青豆ぜんざい</p>

s-RIMG0808

p)デザートの青豆ぜんざい

<p>q)デザートのフルーツ。マンゴーは冷凍してあってシャーベットみたいです</p>

s-RIMG0809

q)デザートのフルーツ。マンゴーは冷凍してあってシャーベットみたいです