台北のニオイ

s-RIMG8131飛行機が着陸して、ドアが開き、空港棟に入る。
すると、どこからともなくその国のニオイがしてくる。
ニオイって、、、臭い・・・これはあまり好まれないにおいとして使われ、匂い・・・こちらは好まれるにおいとして使われる漢字ですね。
私にとっては初めての台北!すぐに独特のニオイを感じました。
良いニオイでも臭いニオイでもない台北のニオイ・・・初めて嗅ぐニオイでした。
こんな時はどの漢字が当てはまるのか?よくわからなくなってしまったので、カタカナで書いてみた。が、まだしっくりこない。

中国語でしゃべり文字表記も中国語。簡体字こそ使われてないが、日本人の私にとってはどちらもChineseだ。
中華人民共和国と中華民国いろいろな解釈があるようだけれど、空港に降り立ってニオイが違う。私は感覚的に違いを感じる。

上海に住んでいたからこの台北滞在で色々な違いを発見できそうです。

<p>a)台北桃園空港</p>

s-RIMG8130

a)台北桃園空港

<p>b)イミグレは長い列</p>

s-RIMG8131

b)イミグレは長い列

<p>c)</p>

s-RIMG8132

c)

<p>d)荷物もサッサと流れてきました。</p>

s-RIMG8133

d)荷物もサッサと流れてきました。

<p>e)台北は雨!<br />
夜の到着、しかも初めてのホテル・・・そんなわけでホテルの迎えを頼んでおきました。<br />
正解!!でした。</p>

s-RIMG8134

e)台北は雨!
夜の到着、しかも初めてのホテル・・・そんなわけでホテルの迎えを頼んでおきました。
正解!!でした。