シンガポールのMRT便利ですね。

シンガポールでの宿はヒルトンです。
チャンギ空港からはエアポートシャトルに乗ってきました。(ちょうど、24時間前にヒルトンに到着したことになります!)
以前はタクシーを利用してホテルにチェックイン…しか方法がないように思っていましたが、個人旅行に慣れてくると、いろいろな知識が増え、中でも地図を片手に自分の足で歩き、体験することが「そこに暮らすように旅行したい」にぴったりの情報を得られることが分かってきました。
私たちも日本に帰ったら、電車やバスを利用して家まで帰りますよね。旅行先でも同じことが言えるだろうと、最終手段にタクシーは取っておくことにして、できるかぎり、公共機関を使って動くようにしています。
エアポートシャトルは出発時間も決まっていません。一応15分位の間隔で走らせているようですが、同じ方向のお客を最高9人まで乗せてそれぞれのホテルまで、連れて行ってくれます。一人9シンガポールドルです。二人で18ドル・・・タクシーだと30ドル少しかかるようなので、それよりは安い。
空港からはチャイナタウンの中のホステルに1か所停車しただけで ヒルトンに到着したのですが、45分ほどかかりました。
一方通行の道が 多いのでグル~っと回ってたどり着くのです。

さて、部屋に荷物が届いたのを見届けて、シャトルバスからも見えたマリーナベイサンズ・マーライオンと見どころに出かけることにしました。
日本から持ってきてるガイドブックとホテルコンシェルジュから頂いた地図を持ってMRTのオーチャード駅に向かいます。ここは、ヒルトンから一番近い駅です。徒歩で3分くらいで着きました。(香港のエスカレーターも日本と比べると早いと感じますが、シンガポールはもっと早いように感じます!乗り降り気をつけましょう!!)
さて、切符はどうやって買うのでしょうか。
券売機の前で並びます。皆さんの買い方を見ていると、カードをのせてチャージしているような・・・。順番が来ました!タッチパネルで行き先に触れて表示された運賃を投入して買うというのは分かりました。10ドル札を入れても受け付けてくれません。5ドル札専用のようです・・・あたり見回すと窓口がありました。そこで両替してもらってやっと、切符が購入できました。この切符優れもので6回使うと1セント割引になるとか!オーチャードからシティーホールまでの運賃は往復で2.3ドル。(切符を買うときに帰りの分も買うかどうかを聞かれます。)
お目当ての場所以外にも歩き回ってしまったので、シティーホール駅とは違う駅からMRTに乗ることになってしまい困惑していたんですが、案内係のおばさまに聞いてみると、「大丈夫よ、この駅からおのりなさい」と改札口に連れて行ってくれます。いくらか金額がチャージされている切符だと、どこからでも乗れて、降りるときに精算することができるのですね。
オーチャード・シティーホール間を往復で買った切符ですよ!どうしてこんなことが???と思いましたが上海でいう交通カードと同じように、また、日本の地下鉄の切符というよりはパスモとかスイカと同様と考えれば納得できました。
4本の線があり、チャンギ空港までも行けるんです。荷物が少なかったら早いし便利だとおもいますね。
チャイナタウン・リトルインディアももちろんMRTで行くことができますよ。

s-RIMG7765

s-RIMG7764

s-RIMG7762

s-RIMG7763

s-RIMG7766

s-RIMG7769

s-RIMG7744

s-RIMG7747

s-RIMG7754

s-RIMG7742

s-RIMG7741

s-RIMG7743

s-RIMG7746

s-RIMG7748

s-RIMG7740

この記事を書いた人

haomei

夫婦の時間が多くなってきたオーバー60の私達。私たちスタイルの暮らし方を綴っています。退職後の二人での生活。趣味や旅行のお話。老後の過ごし方を考えたり、子供たち家族との楽しいひと時のことなど。