ブルーマウンテンズからジェノランケーブへ・・・

ブルーマウンテンズのシーニックワールドを楽しんだ後は、100km強離れた国立公園・保護区の、ジェノランケーブス・カースト保護区(Jenolan Caves Karst Reserve)への行程 です。
私は日本の鍾乳洞には行ったことがありますが、外国の鍾乳洞を訪れるのは初めてです。ツアーガイドさんが「ブルーマウンテンズの観光は前菜ですよ!」と言い切るわけだから素晴らしいに決まってる!どんな景色が見られるのか楽しみでたまりません!!

ジェノランケーブスに入る前に野生のカンガルーがよく見られるポイントがあるということで、そこにも連れて行ったもらいました。
草むらには踏みつけないで歩くほうが無理!と言わんばかりの大量のカンガルーさんの糞。
四苦八苦しながら足元を注意してカンガルーに近寄ります。関心を示さないふりをすればこんなにも近くまで寄ることができますよ。この群れは雌だそうです。オスはもっと大きな身体をしていて、用心深いそうで、なかなか姿を現してくれないようです。
うっかり写真を撮り忘れましたが、母親のカンガルーポケットに顔を突っ込みおっぱいを飲んでる赤ちゃんカンガルーとその母親にも会いました。
こちらはブルーマウンテンズとは、全く違う風景です。のどかに広がる草原!そこで牛や羊がのんびり食んでいます。
美味しいお肉がたべられるはずですね。

のんびり~、ゆったり~、がここを表現する言葉でしょうか・・・。 暖かい日差しの中で時はゆっくり過ぎて行きます。