クレイパックの不思議

クレイパックの漂白効果は3日目にやってくる!
私は好んでレッドクレイを軸にパック剤を作っています。
それも、レッドクレイが老化肌、シミやしわにもその威力を発揮してくれて、皮膚に含まれる汚れや過剰な油分を 取り去ってくれると、知ってからのこと。
鉄分の含有量が高いクレイなので、色も赤いレンガ色なんです。
そのため、パックを洗い流すと少々赤みを帯びた顔になっているような・・・(本人しかわからないくらいの変化だと思います。)でも、肌はプルップル!
いつもお風呂でパックするので、湯上りのちょっと火照った顔に張りのあるつるっとしたほっぺが光ってる。これがパック直後の肌です。

ビックリするのが、決まって3日目。
洗顔した後、白く整った肌がの鏡の中に写ります。・・・あ、きた!って感じです。白く整った肌は2,3日続き、いつの間にか感激がなくなるんです。すると再び、パックするという繰り返しの日々です。

自分で化粧品の手作りを始めてから、良く肌を観察するようになりました。
「知識」として知った成分が本当に自分の肌で効果を出すか!そんな楽しみが増えました。
実験?の楽しみですかね!