YogaとAromaいい感じで馴染んできた

いまや、私の日常に溶け込んでいるYoga&Aroma・・・その出会いは・・・「成り行きで~」です。
Yogaは上海にいるときに出会いました。たまたま住んでいたサービスアパートメントの住人は、リッツカールトンホテルのジムのプログラムに無料で参加できたのです。「他にやることがないから参加してみた」だけで、どうしてもやりたかったものではありませんでした。(トレッドミルで走った後のストレッチには最高でしたけれど!)帰国後日本語でYogaを習ってみたいという気持ちが出てきていたので、近所のヨガスタジオに週1で通い始めました。たまたまそこにアロマテラピーってどんなもの?みたいな「アロマ紹介クラス」ができて、そのクラスに興味本位で参加。
こんな風に日常の流れの中で出会ってしまったYogaとAroma、きっと何かの縁があったのでしょう。私はどんどんその世界を知りたくなって、本を読んだり、ヨガのDVDを見たり・・アロマではインストラクターの資格を取得しましたし、Yogaはいろいろと知っていくうちに、アシュタンガヨガを習得したくなって、これは何気なくではなく、やりたくてアシュタンガヨガを習い始めました。今は夫が勤めてる会社の健保組合が契約してるヨガスタジオに通っています。それなのでリーズナブルにアシュタンガを教わってます。現在フルプライマリークラスで汗を流しています。始めて2年・・・50代半ばからアシュタンガヨガを始める人はあまりいません。一回り以上年下の方たちと一緒にやってます。同年代の方はもうベテラン中のベテランって感じですね。長いことヨガを実践していらっしゃいます。私はというと、この2,3ヶ月で随分と身体が変わってきたことを実感して、今楽しくて仕方ありません!!

アシュタンガヨガ って、いつも同じ順番で決まったアーサナ(ポーズ)を続けて行うのです。歌だったら1~15曲目までいつも同じ歌を同じ順番で歌う・・・みたいな。。。流れが決まっていて、同じことを繰り返すのです。それだけに、ある程度できるようになってくると、自分自身で楽にできるようになった!という感覚やこうすればいいんだ!というような気づきがあります。その気づきを得ることが心地よい、すごくポジティブになります。いくつになっても、進歩する自分がいるんだ!とわかるのはうれしいことです。

ヨガの呼吸法には神経伝達物質の一種であるセロトニンを活性化する作用があるようです。
セロトニンは精神を安定させる作用がありますから、ヨガを生活に取り入れることで、イライラや悩みを感じなくなってきます。不思議ですが本当ですよ!
アロマテラピーもアプローチは違っていますが、ヨガがもたらす作用と同じような作用を得られます。
アロマは主に嗅覚と皮膚、呼吸器 などから循環器系ホルモン系に働きかけ人体に作用してきます。
今、私がはじめているこの2つのことって、気持ちよく、楽しく生きるためのセルフコントロールに欠かせないことなのではないかなと感じ始めています。
きっかけはどうであれ、特別ではなく何気なく日常に入り込んできていることって、自分に必要なことなのかもしれませんね。
私にとっての朝日を浴びて、新鮮な空気を感じてのランニングや、シャワーブースに 香りを2滴落としてのシャワータイム。走った後やヨガスタジオに行く前のアロマボディーケア。夜にはバスタブに精油をいれて全身浴!(上質な眠りにつけるような配合がよいですね)
私!毎日Happyに過ごしてます。