Rosmarinus officinalis =ローズマリー3-1

Rosmarinus officinalis (ロスマリヌス オフィキナリス)と読みます。ローズマリーのことです。
我家でも挿し木したローズマリーは元気に育っています。 栽培しやすいハーブですよね!ローズマリーは古代ギリシャ、ローマの人たちも利用していたハーブで、強い樟脳のような香りを持っています。学名のRosmarinusは「海のしずく」と言う意味。また、14世紀にハンガリー王妃に処方したハンガリアンウォーターの主要成分であることから、「若返りの水」とも言われています。それは、ハンガリー王妃エリザベート1世が70歳を超えた年齢にもかかわらず、ポーランドの王子に求婚された!とのことから、「若返り」。いつまでも若く美しくいられるためにはローズマリーに注目しなければなりませんね。

古代ギリシャの時代から今に至るまで、人々の身近にあって利用され続けているには、単に「ローズマリーの香りが好き」だけではなく、それなりの役立つ効果あるからのようです。
神経を安定させ、記憶力を高めるといわれています。受験生の皆さんの強い味方になりそうですね。また、心臓や脳の働きを強化したり、防腐効果もあるので、お料理にも使われます。どんな土壌でも育つので、手軽に栽培できます。
ハーブ・植物を育ててお料理に使ったり、湯船に入れて香りを楽しむ・・・なかなかいいものですよね。

さて、最近の気温の変化に身体は悲鳴をあげていませんか?
朝起きたら、のどが痛いとか鼻がつまってる、などの症状があるなら、お部屋でローズマリーとユーカリを使った芳香浴 もお奨めです。
また、私はローズマリーは運動後のケアにも使っています!!(ローズマリーエッセンシャルオイル・カンファータイプ)筋肉の緊張が取れて、楽になりますよ!
そのほかにも、ローズマリーエッセンシャルオイルのブレンドは多数あります。
そんな、エッセンシャルオイルとしてのローズマリー使用レシピも次回はご紹介しましょうね。
精油は植物の濃縮された成分です。
使い方を誤ると、身体に負担を与えてしまいます。
安全に使っていただけるよう、わかりやすくお話したいと思っています。