このタイミングでこの報告。間が悪い???
写真を見てお分かりの方は同じ経験をされた方だと思います。
実はわたしの年金記録に間違いがありまして、今回の件に関しては昨年夏から取り組んできた1件です。
(この件以前にも間違えがあり、社会保険事務所に出向いて、訂正してもらっています。)
やっと、落着。
・・・総合的に判断すると、申立人の申し立て期間の国民年金保険料については、納付されていたものと認められる。
との通知を年金記録確認第三者委員会から頂きました。

皆様は、年金記録に間違いはなかったですか?
わたしの場合、厚生年金から国民年金に変わった時期と、結婚して名前や住所が変わった時期の2回、納付の事実が欠落している事象がありました。納付した領収書がある場合はすぐにデーターを修正してくれます。コンピューターのデーターを替えるだけのようです。あっという間に修正されてしまって、修正された事実すら残ってないんですよ!これにはびっくり!!(00さんからこのような申し出があり、0月0日に修正。くらいの内容は残してもらいたいですよね!でも、残ってないですよ)今回の一件は、結婚したばかりで、いろいろな書類の名義変更や住所変更・・・それぞれの機関に出向いて書類を提出したり、納付したりetc…..そんな中で、1枚だけ国民年金納付済み証明書がない3ヶ月の期間を復活させてもらうために一生懸命取り組んできたのです。その結果が◎
第三者委員会で審議されるようになってから、いろいろなインタビューがあり、途中で「もういいよ!」と投げ出したくなることもしばしば。
でも、粘り強く取り組んで本当に良かったと思います。
私と同じように年金記録復活に挑んでいらっしゃる方も多いと思います。
途中で投げずに最後まで頑張ってください。
きっと、納得できる結果が待っているとおもいます。