東京の今日は穏やかな春の陽射に包まれて、風も無く暖かな一日でした。
我家の前にある国立大学では今日が卒業式。
つい最近まで、受験生の合格発表で盛り上がっていたのに。。。
はかま姿のお嬢さん、付き添いの親御さん。
沖縄からかなぁとか関西からだね、、、なんて思える会話が聞こえてくる。
大学の卒業式って、親にとっては「これからはあなたの人生だね。応援してるよ!自分の人生しっかりね。」
と、エールをおくり、少しさびしさを感じながらも「私もよく頑張ったわ!」と自分を褒めてみたりして・・・。
そんな複雑な思いが飛び交っているのが春!新しい門出の春。

でも、今年はちょっと違う、、、震災!原発!放射線!

東京に住んでいるのに、窓を開け放つのが怖かったり、洗濯物も外には干したくない!
地震以来、ランニングも控えてる。。。身体も鈍りっぱなし!
これではいけないと、3週間ぶりにヨーガに行ってきました。
アシュタンガヨーガ!久々だったけど、身体はよく動いた!気持ちよく伸びているのも感じられたし、丁寧に自分の身体と向き合った。
自分自身に集中できると、ニュートラルに戻れる。
上海で生活することが無かったらヨーガには出合えてなかったかもしれない。そんなことを思うと、上海での3年弱はこれからの私たちにとって必然だったかな?

あっ、また余震だ!
被災地ではもっと揺れているんでしょうね。怖いでしょうね。
揺れるたびに、被災した人のこと、自分ができることいろんなことが頭に浮かぶ。
何ができるか?ボランティアも大事だけど、経済を立て直さないと!消費することも大切な活動だよね!

原発からの放射能や、余震まだまだいろいろあるけれど、写真のように庭では春の花が咲き始めました。
バラも新しい葉が日に日に伸びていきます。
自分の使命を一生懸命全うすることが一番かもしれません。